スマホで小指損傷?

スマートフォンを片手で持つとき、無意識に小指を下にひっかけて持っている人は要注意。こうした持ち方を長く続けていると「テキストサム損傷」になる危険性があるのだそうだ。ドコモの公式サポートがツイッターで注意を呼びかけたことから話題になっているとのこと。「テキストサム損傷」とは、スマホの長時間使用が原因で指の形が変わってしまったり、しびれや痛みを感じたりする症状のこと。ツイートが拡散されると、「おれテキストサム損傷だった…」「もうなってる」などの報告が次々と寄せられたそう。テキストサム損傷を防ぐには、特定の指に負担をかけ過ぎないように時々持ち方を変えたり休憩を取ったりするのが有効だそうだ。
スマホを使っていて起こる障害は、テキストサム損傷のほかにも「テキストネック」というものものあるそうだ。これは体がスマホを見るために前傾姿勢になってしまい、頭の重さが体に重大な負担をかけるというものだそうだ。これによって肩、腰、膝、足首などを痛めるという現象が発生するとのこと。いずれにしても現代病のひとつになりうるものだ。スマホの使用もほどほどにしなければならないということか。