指原1位発進!第7回AKB48選抜総選挙

AKB48の41枚目のシングルの楽曲を歌う選抜メンバーを決める、毎年恒例ともなっている「第7回AKB48選抜総選挙」の投票速報が20日、東京、秋葉原にあるAKB48劇場で発表された。
昨年の同選挙で、惜しくも2位となったHKT48のチームHの指原莉乃が暫定1位スタートとなった。リベンジに向けて好発進となった。指原の速報得票数は過去最多となる、3万8151票。2位は3万3426票で、AKB48チームBとNGT48兼任の、柏木由紀、3位は2万9924票で、昨年念願の初女王に輝いたAKB48のチームBの渡辺麻友となった。
指原は史上初の2連覇を狙った昨年は速報で1位になったものの頂点に届かなかった。
今までの総選挙では、第1回1位の前田敦子が第3回に、第2回1位の大島優子が第4回に、それぞれ見事な返り咲きを果たしている。
それだけに、指原カムバックの注目が集まる。
また、今回の速報発表後、指原は自身のツイッターを更新し、「みなさんありがとうございます!」と感謝しつつ、「でも、去年のことがあるので、嬉しさを隠し、不安と戦います!」としている。
果たして第7回AKB48選抜総選挙の結果はいかに・・・。