ヤクルトライアン小川、巨人を圧倒

セ・リーグ、クライマックスシリーズ最終ステージの第2戦が15日、神宮球場で行われました。
ヤクルトがチャンスをきっちり得点につなげて、4-0で巨人を破りました。
これで、勝敗を2勝1敗とリードしました。
先発のヤクルトエース、小川は8回無失点と巨人打線を圧倒しチームを勝利に導きました。
ヤクルトはエース右腕のライアン小川の力投に加えて、好機をきちんと物にした打線。
投打がガッチリかみ合い完勝しました。
14年ぶりの日本シリーズ進出になるか。今日ヤクルトが勝てば、大手になります。